九州地域大学教育改善FD・SDネットワーク
Kyushu Learning Improvement Network for Staff Members in Higher Education

  • トップ
  • かたらしてぇQ-Links!(旧ブログ)

かたらしてぇQ-Links!(旧ブログ)

こんにちは。
Q-Links事務局の久保山です。

8月29日(土)、30日(日)は
立命館大学で行われた
『学生FDサミット2009夏』に参加してきました。

IMG_0766

もちろん、選挙の期日前投票を済ませてです。

会場は立命館大学衣笠キャンパス。

IMG_0808

IMG_0794

そこに26大学約100名の
学生、教員、職員が集まっていました。
IMG_0770

主催は立命館大学の学生FDスタッフ
1日目は15のテーマについて
グループに分かれて語り合い、
2日目は学生FDについて語り合い、と
ひたすら参加者同士で語り合いました。

語り合った内容は、
次の記事で少しだけ紹介したいと思います。

お楽しみに☆

カテゴリー:お知らせ

2009/09/01 de + velop

田中岳です。はじめまして。
『緊張している岳さん』として既に本ブログへ登場済みですが・笑。

九州大学教育改革企画支援室を本務先としながら、「Q-Links」の事務局にも所属しています。これから、このブログで読者のみなさんと出会う機会が増えていくと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

ところで。その「Q-Links」。
「キューリンクス」という、ひとつの名詞で認識されているブログ読者のかたが多いと思うのですが…、実は次のような正式名称を略したものです。

Kyushu Learning Improvement Network for Staff Members in Higher Education

先頭の“Kyu”が“Q”となりました。あとはご想像におまかせします。ね。

~~~~
さて。西南学院の職員夏期修養会。
先ずは御礼です。このたびは、修養会での講師という貴重な機会をあたえていただき誠にありがとうございました。『緊張』しましたが、ずいぶん勉強をさせていただきました。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

当日の題目は「SDは誰のものか」。
SD(Staff Development)の来し方を見つめ直す前半に続けて、ダイアローグやワールドカフェを紹介しながら、SDを自分のことに引き寄せ深める後半。そのように内容を構成してみました。

時間の都合とはいえ、ダイアローグやワールドカフェがお試し的になってしまったのは残念でした。力不足で申し訳ないかぎりです。このフォローを、西新・藤崎あたりでできれば幸いです・笑。

いくつか以下に図書を掲載します。今後の参考として御活用ください。

~~~~
それでは、これからのQ-Linksをお楽しみに。

▼参考図書
アニータ・ブラウン&デイビッド・アイザックス, ワールド・カフェ・コミュニティ, 2007 香取一昭・川口大輔訳『ワールド・カフェ-カフェ的会話が未来を創る-』ヒューマンバリュー出版

高間邦男, 2005『学習する組織-現場に変化のタネをまく-』(光文社新書207)光文社

デヴィッド・ボーム, 2007 金井真弓訳『ダイアローグ-対立から共生へ、議論から対話へ-』英治出版
こんにちは。
Q-Links事務局の久保山です。

西南学院の担当者の方に
先日参加した「修養会」について、お話を伺いました。

 
******

  本学院の「修養会」は、戦後、信教の自由に対する
 制限がなくなったことから、キリスト教主義学校
 としての使命を全うするためにスタートしたものです。
 1951(昭和26)年度以来今日に至るまで継続して
 実施されている、とても歴史ある取組といって
 よいでしょう。

  参加者が少人数の時代であった始まりの頃は、
 学院全体の教職員が一堂に会しての「修養会」を
 もっていました。それから、学院内の学校を単位
 として集まるようになり、1954(昭和29)年度
 からは、事務局職員だけの職員夏期修養会が
 実施されるようになっていきました。

 
  職員夏期修養会は、慌しい日常生活の場所から
 静かな自然の中へ移動して、キリスト教について
 考えるひとときであり、職員が自分を見つめ直す
 良い機会となっています。

  また、その目的を「西南学院の建学の基盤である
 キリスト教についての理解を深めるとともに、私学の
 置かれている現状について認識を深め、学院の専任
 職員としての自覚を新たにする」と定めた近年は、
 職員の研修という意義がプラスされたといえます。
 例えば、「私学における職員の新しい役割」、
 「入試」、「内部監査」、「メンタルヘルス」など
 その折々のニーズに応じた研修テーマが企画され、
 職員夏期修養会のプログラムに盛り込まれている
 ところです。

******

詳細なご説明ありがとうございました!
はじめまして。
Q-Links事務局の久保山宏です。
この春に九州大学の教育改革企画支援室に
特任助教として着任しました。

これから当ブログやQ-Linksの活動でお世話になります!
よろしくお願いします♪

 

******************
8月26日(水)の夕方、
熊本大学を後にし、バスと電車を乗り継いで玉名市へ。

西南学院の職員夏期修養会に参加してきました。
01

昨日のラジオ体操は、
修養会の朝の一場面だったのです。
 

 
一泊二日の職員研修の途中から合流したので、
着いてすぐに夕食。
0636
ひとつの部屋にこれだけの人数が集まって食事をするのは
修学旅行以来、久しぶりに見た気がします。

食事をしながらその日にどんな研修が行われたのかや、
研修の効果について会話をしました。

 

 
そもそも修養会に私たちが参加できたのは、
当室の岳さんが2日目の講師として参加したためです。
gaku
緊張している岳さんを初めて見た気がします。

 

2日目は
メンタルヘルスに関してワークショップをしたり、
h01

SD(Staff Development:スタッフ・デベロップメント)
についてダイアログ(dialogue:対話)したりと
h08

ところどころ笑いもおきながら、
皆さん真剣に研修を受けてらっしゃいました。

 

 

私は研修の話の内容はもちろんのこと、
大人数を対象に研修をする手法についても
注目して見てみましたが、

参加者をどう自分に注目させ、
ワーク等の指示をしっかり通せるかが
ひとつのポイントだと感じました。

 

また、
複数で意見を出すこと自体が目的だったり、
チームとして具体的な案を出すことが目的だったり、
個人にしっかり振り返ってもらうことが目的だったりと

ワークが何を意図したものなのかによって、
同じワークでもどこまで指示を明確にするか等の加減があり、
単に形だけ真似てワークをするのでは
ワークが機能しないだろうと考えました。

今後の参考にしたいと思います。

 

受け入れて下さった西南学院の皆様、
ありがとうございました。 

 

おまけ:

左から夕食、朝食、昼食syoku

カテゴリー:お知らせ

2009/08/27 ただいま・・・

ラジオ体操中・・・

 090827

 詳細は明日。
いよいよ「かたらしてぇQ-Links!」の本格始動です。
最初の記事として取り上げるのは、熊本大学の全学FD。
福岡から特急つばめで熊本に着いてすぐ、熊本の日差しの強さに驚かされました。ジリジリと照りつく太陽は、まさに南国。九州内でも福岡と熊本では空気が違います。

今回インタビューを引き受けてくれたのは、熊本大学の大学教育機能開発総合研究センター、渡邊准教授。

お昼頃に到着した私たちを素敵な笑顔で迎えてくださった渡邊先生に、大学近くのレストランに連れて行っていただき、おいしいランチを頂きながら、熊本大学で実施している全学FDの概要や、組織体制などをお聞きしました。

IMG_0626

ランチ後は渡邊先生の研究室へ移動し、本格的にインタビュー開始です。
熊本大学のFDの特徴の一つは、e-learningシステムを活用した教育改善支援です。教員用のポータルサイトには、全ての授業に対応したスペースが用意されており、教員は授業資料や動画などを簡単にアップし、公開することができます。
また、「KU:TO(キュート)」というFDに特化したホームページを通じて、授業方法やシラバスの書き方などの授業スキルに関するハンドブック提供を始め、過去のFD研修会の動画記録(学内のみ)、教員による授業課題の解決相談など、非常に盛りだくさんのコンテンツを発信しています。
また、教員の新任研修や教養教育に関する研究会など、対面式のFD研修会も数多く開催しています。

そして、これらの支援ツールや研修会に継続的に取り組んでいくためのスタッフ数が不足していること、財源の問題、教材のリニューアルなどの課題があることも教えていただきました。
これらの課題は、多くの大学で共通するものですので、熊本大学が今後どのようにこれらの課題に取り組んでいくのか、興味がわきました。

IMG_0634

インタビューはいつしか懇談的となっていき、「職員と教員の研修の違い」や「FDを実質的に動かしていくための組織体制」など、話題は広がっていきました。

何よりも試行錯誤しながらも精力的にFDを進めている様子に、大変刺激を受けた一日でした。お付き合いいただいた渡邊先生、ありがとうございます!

Q-Links事務局(九州大学教育改革企画支援室) 小貫
はじめまして!Q-Links事務局です。

本日よりQ-Linksのブログを始めることになりました。

Q-Linksに参加している賛同校同士のコミュニケーションのツールとして、また、Q-Linksの活動の様子や教育改善に関わる様々な情報を提供する場として、「かたらしてぇQ-Links!」を大いに活用させていただきます。

そして現在、間近に迫ってきているQ-Linksの正式発足(2009年10月予定)に向け、事務局を始め、一丸となって準備が進められています!今後はブログ上にて、Q-Links発足までの道のりのレポートもお届けしていこうと思いますので、記事更新を楽しみにお待ちください。

それでは、「かたらしてぇQ-Links!」をよろしくお願いします!

カテゴリー:お知らせ

2009/08/25 Q-Linksについて

アイキャッチ横バージョン


九州地域大学教育改善FD・SDネットワーク(Q-Links)は、FD・SDの大学間連携による人的ネットワークの構築や情報共有を通じて、各高等教育機関における学習・教育の改善を支援するための、九州地域を中心とした大学ネットワークです。Q-Linksの活動内容やイベント情報の詳細については、Q-Linksのホームページをご覧ください。