九州地域大学教育改善FD・SDネットワーク
Kyushu Learning Improvement Network for Staff Members in Higher Education

  • トップ
  • かたらしてぇQ-Links!(旧ブログ)

かたらしてぇQ-Links!(旧ブログ)

Retreatプロジェクト2日目です。
ニュースでは、台風が沖縄に接近しているようですが、ここ唐津の朝の天気は晴れ。
今日も海が綺麗です。
IMG_1111

2日目のテーマは「探求する」。
まずは、田中岳さんによるレクチャーです。
高等教育におけるFDの担い手、国・公・私立間での人材確保・活用手法の違い、職員の専門性などの「実際のところ」について力の入った講義が展開されました。
IMG_1500

皆さん、真剣に聞き入っています。
IMG_1494

IMG_1498

IMG_1496
Retreatプロジェクト1日目、最後の締めは「LABO BAR」です。

P1060040-300x225
2日目のレクチャーの講師である、九州大学の福盛先生、番外編でブログ記事を書いていただいた福岡教育大学の小菜さん、高田さん、秦さんも、差し入れ持参で(ありがとうございます!)加わって、さあ開始です。

学生支援プロジェクトのLABO BARでは、照明を落とし「大人な空間」の設えでしたが、今回はRetreat。気心が知れた仲間との語らいですので、ざっくばらんにこんな雰囲気です。

P1060047-300x225
ただお酒を交えて語らっているだけではありません。
明日以降のセッションで、ファシリテーターを努める参加者と、「仕込み」もやってるんです。

P1060049-300x225
自己を振り返り、語り合った今日一日。明日以降のセッションへの英気も養ったところで、1日目のプログラムは終了です。

P1060057-300x225
丑三つ時に失礼します。
Retreat参加者ではありませんが、福岡教育大学の小菜が2番手をお届けいたします。

夜のプログラム「LABO BAR」にお邪魔させていただいております。
私を含め、福岡教育大学から秦、高田が一緒に参加しております。

なぜ、参加者でもないのにいるかって?
何ででしょう?楽しいからでしょうかね。

ただ、楽しいだけじゃないのがQ-Labです。
やはりいろいろと勉強になります。
それが、「また来たい!」って思っちゃうんでしょうね。

短い間ですが、仲間と一緒に楽しく過ごしてRetreatな時間です。

最後に一言、意図せずして明日も唐津に来るわけですが、後悔はしてません。
だって、そういう楽しい時間ですからね。
ここで、実況は一息つかせていただいて、Retreatプロジェクト参加者からも感想など、参加者の生の声をお伝えします!


今回のQ-Labの参加者のみ、「事務局の代わりにブログ記事を書ける」ということですので、1番手は、崇城大学から参加の大嶋康裕が、お届けいたします。

1日目のすべてのセッションが終わり、夜に開催されている「LABO Bar」の真っ只中に書いています。
この「LABO Bar」の間、私は他の参加者と、明日と明後日に予定されている「あるセッション」(詳しくは明日2日目午後以降のセッションについての別記事参照)についての打ち合わせをしていました。

今日のセッションでは、まずは「ペチャクチャ20×20」で、それぞれの1年の振り返りを行い、次に「こだわりMap」でそれぞれの持つ課題を知り、その後の「ペアウォーク」で松林や海岸を歩きながら相方と語る時間を持ちました。

[caption id="attachment_12078" align="aligncenter" width="300" caption="虹の松原ホテル周辺を散策"]虹の松原ホテル周辺を散策[/caption]

この会場は、私が普段働く熊本と同じ九州内にあるとは思えないほど涼しく快適。深い思考の時間を持つことができました。

明日、2日目以降もさまざまなセッションが用意されています(あるいは「用意しています」という言葉を使うほうが適切なセッションもあるかもしれません)。明日以降も楽しみです!


・・・大嶋さん、ありがとうございました!
ペアウォークの後は、今日一日かけて見つめなおした自身のこと、共有した課題、ペアでゆっくりと話した内容を自分ひとりで噛み締めます。

P1060026

P1060028

P1060029

P1060030

P1060031

P1060034

何か面白いアイデアの糸口はつかめましたか?
少し陽が傾きだしたころ、「ペアウォーク」に出発です。

これまでたっぷり時間をかけ、自身を振り返ってきたものは胸に秘め、でもウォークから帰ってくるときはちょっぴり笑顔で帰ってこれるように…。

「ペア」決めはお手製のクジで。
P1060001

さあ、ペアも決まったところで、出発です。
IMG_1439

Q-Linksの合宿といえば「ソロウォーク」かと思いきや、今回は認識した課題の解決のヒントを見つけるための「相棒」とともに散策です。
IMG_1451

IMG_1455

猛暑も峠を越えたようで、砂浜を散策していると波の音が心地よく感じます。
そんななか、ペアでゆっくりと時間をすごして、表情が柔らかくなるようなものを感じることができたでしょうか。
休憩を挟んで(おやつは差し入れでいただいた「陣太鼓」と「名古屋らすく」。ありがとうございます!)、引き続き、自らを見つめる時間です。

今度のテーマは、「課題・宿題をはきだす」。

再び、文字や絵に起こしてみます。
IMG_1381

IMG_1383

そして再び、共有。
今回は、まず同じテーブルを囲む3人で。

IMG_1389

IMG_1409

その後、全員で共有します。
IMG_1428

IMG_1423


勢揃いした(?)みなさんの「課題・宿題」や「こだわり」たち。
IMG_1432
本格的にRetreatプロジェクトがスタートです。


最初のセッションは、「ペチャクチャ20×20」。

この1年間に、参加者それぞれに何があって、何を思い、どう行動したかを振り返り、可視化します。

P1050393


そして、発表。

P1050422


P1050429


自身の立場が変わったことによる視野、生活の状況が変わったことによる心境等々、「1年」という期間で区切っても、皆さんに起こった変化を共有します。
参加者の皆様を迎え、いよいよRetreatプロジェクト開始です。

まずは、Retreatプロジェクト趣旨説明。これまでのCD,ODプロジェクトや学生支援プロジェクトとはちょっと趣旨が異なる今回。

意気込みもちょっと違う?

IMG_1368

そして、恒例のチェックイン。

今回のプロジェクトへの参加のために、日程を調整されたり、期待することがあったり、それぞれ思い思いの言葉で気持ちを新たにします。

P1050382

これからの2泊3日で、参加者・スタッフに何が起きて、何を思い、何を持って帰ることになるのでしょうか。
唐津合宿第2弾、Retreatプロジェクトに向けて準備万端。

皆様との再会が楽しみです!

IMG_1349

IMG_1358