九州地域大学教育改善FD・SDネットワーク
Kyushu Learning Improvement Network for Staff Members in Higher Education

かたらしてぇQ-Links!

こんにちはお正月休みが終わり、生活リズムが戻りつつありますが、みなさま新年いかがお過ごしでしょうか?

さて、昨年開催されたQ-conference 2014に参加いただいた、岡山大学若手職員塾の大地さんより感想をいただきましたのでご紹介いたします。

岡山大学として昨年度に引き続き、二度目の参加をさせていただきました。到着後しばらくすると雪が…。崇城大学の趣ある建造物と相まってすばらしい景色の中行われたランチセッションにて、これから始まるポスター発表、PRタイムのことを考えて塾生皆でドキドキしていました。

ポスター発表には、他大学の教職員や学生が多く参加しており、普段の業務では知り合うことのない方々と意見を交わすことができ、とても刺激的な経験をさせていただきました。皆様それぞれに独自の取組を紹介されていたり、若手職員塾の活動について、今までにない切り口からの意見を出していただいたりと、大学職員としての経験が浅い私たちにとって収穫の多い時間となりました。若手職員塾の活動に賛同する意見も多くいただき、自分たちが恵まれた環境にあるということを改めて認識できたのも収穫の一つと考えています。

また、突然の指名を頂戴してのクロージングセッションの司会という大役を体験させていただいたことも含めて、ここで学んだことを今後の生活で活かし、若手職員塾としてだけでなく、一大学職員としてこれからも「進化(新化)」を続けていきたいと思います。

今回はQ-Linksの田中先生をはじめ、Q-conference2014にて同じ時間を共有させていただいた皆様、崇城大学の皆様、その他ご協力いただきました皆様には大変お世話になりました。この場を借りて、御礼申し上げます。今後とも岡山大学若手職員塾をよろしくお願いいたします。

クロージングセッション司会中の大地さん

大地さん、ありがとうございました

前へ、進メェ~!

本年もQ-Linksを、よろしくお願い申し上げます。

カテゴリー:お知らせ

2014/12/19 第35回 教育改革研究会

こんにちは

12月17日に九州大学伊都キャンパスで、第35回教育改革研究会が行われました。

立命館大学 教育開発推進機構の沖裕貴先生をお迎えし、「授業科目の設計と成績評価―シラバス、ルーブリックで学生の学習を導く―」というテーマで講演されました。

この講演は箱崎キャンパスにも中継され、大学での成績評価方法への関心の高さを感じました。

海外の大学や国内の取り組みを事例に挙げながら、学生さんのやる気を引き出し、教員の負担を軽減させる成績評価法など、とてもわかりやすく面白いお話で、まったく知識のない私でも終始真剣に聞き入ってしまいました。

左のスクリーンは箱崎キャンパスの様子

こんにちは

昨日のぐずついた天気から一変していいお天気の福岡ですが、相変わらず寒い~

さて、教育学術新聞第2590号(平成26年12月17日)にQ-conference 2014の開催記事が掲載されましたのでお知らせいたします。

ぜひご覧ください

ポスターセッションが続く中、ちょっと休憩、シエスタの時間です!

今年のおやつは熊本銘菓の「いきなり団子」!さつまいもと餡子が入ったこのお餅は熊本の伝統的な家庭料理です。寒波が訪れて外はとても寒いので、ほんのり暖かいおやつはほっこりしますね。

こちらは崇城大学のシエスタ隊!

こちらは持ち込みおやつでポスターのアピールをする、カウンターシエスタ!

この度は、Q-conference 2014にご参加いただき誠にありがとうございました。

初の福岡県外での開催ということで、始まるまでは不安も大きかったQ-conference 2014でしたが、無事に終えることができました。私も初めて参加するQ-Linksのイベントに緊張もしましたが、「同じやるなら~Why not join us?~」のテーマに従い楽しんでいたら、あっという間に終わってしまいました。

記録用の写真を見返しても、みなさまの笑顔がとても楽しそうで嬉しくなります。ポスターセッション終了後、会場に残り作業をしていたのですが、みなさんが去った後の会場の冷え込むこと…Q-conferenceの盛り上がりを肌で感じた瞬間でした。

開催校の崇城大学スタッフの皆様、各セッションにご登壇いただいた皆様、そして参加いただいた皆様のご協力に、心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

皆様との再会を心待ちにしております

2014.12.6 崇城大学 本館にて

大きな拍手で企画セッションを終え、ついにラストのクロージングセッションへ!

各セッションのコメントをいただき…

司会は岡山大学若手職員塾のお2人

ランチセッション:崇城大学の学生さん

ポスターセッション:日本文理大学 近藤正一氏

企画セッション:早稲田大学 岡崎成光氏

事務局連絡:九州大学 田中岳氏

開催校ご挨拶:崇城大学副学長 厚山健次氏

最後は、九州大学 教育担当理事 副学長の丸野俊一氏よりご挨拶。

前日の初年次教育学会、Q-Links総会を含め、Q-conference 2014に参加されたみなさま、お疲れ様でした!

ところで…

「毎年恒例の記念写真撮りまーす」

並んで並んで…表情が硬いですよ~

すべてのセッション終了後、学生食堂慶賓館にて情報交換会が開かれました!

ランチセッション時とがらりと変わって、宴会風!掛け軸や鎧がとても良い雰囲気長時間にわたるconferenceが終わり、みなさんどこかホッとした表情を浮かべております(^∀^)

これにて、Q-conference 2014無事終了です!

ポスターセッションが無事に終了し、16時から企画セッションへ!この時間になると、Q-conference 2014ももう少しで終わりかぁ…と何とも言えない気持ちに

今回の企画セッションのテーマは「学びの準備を整える」ということで、幅広い分野の方々に登壇していただきました!

熊本県立済々黌高等学校教頭 坂井誠氏

金澤工業大学 基礎教育部教授 藤本元啓氏

文部科学省 初等中等教育局 石川仙太郎氏

関西大学入試センター入試広報グループ 福田聡氏

司会・進行は沖縄国際大学の藤波潔氏

こちらも人気の企画、ポスターセッションPRタイム!

踊ったり、タブレットを使ったり、人形を使ったり…もちろん王道のスピーチも!

今年は司会もかぶりものです