九州地域大学教育改善FD・SDネットワーク
Kyushu Learning Improvement Network for Staff Members in Higher Education

かたらしてぇQ-Links!

平成28年12月10日(土)に中村学園大学で開催します「Q-conference 2016 初志を磨く-Relay our Batons-」のポスター発表エントリーと、一般参加を受付中です。

多くの皆さまからのポスター発表と、ご参加をお待ちしております。

 

開 催 日  平成28年12月10日(土)

開催場所  中村学園大学・中村学園大学短期大学部(福岡市城南区別府5-7-1)

告知ページ

http://www.nakamura-u.ac.jp/event/detail/?masterid=91

 


ポスター発表エントリー(10月28日まで受付期間延長

  • 発表資格:Q-Linksメンバーシップ (Q-Links賛同校所属またはQ-Links賛同者)
  • 発表形式:A0サイズ(推奨)のポスターを用いた口頭説明。
  • ポスター発表エントリーの概要はこちらをご覧ください。
  • ポスター発表エントリーは、こちらの申込フォームから

参加申し込み(10月28日まで)

12月10日(土)に中村学園大学で開催いたします「Q-conference 2016」の告知が、中村学園大学のホームページ上に掲載ただきました。

今後、同大学のホームページや、Q-Linksのホームページ・ブログ等を通じて、各イベントの情報をお知らせいたします。

中村学園大学告知ページ

http://www.nakamura-u.ac.jp/event/detail/?masterid=91

【中村学園大学 Q-conference 2016 告知ページ】

【昨年福岡教育大学で開催いただきましたQ-conference 2015】

教育改善における問題について、Q-Linksメンバーシップの協働によって新たな手法やアイデアを創出・試行していく場である教職協働型研修プログラム「Q-Lab」。

今回は、「SDをリデザインする!」をテーマに開催いたします。


今 般の大学設置基準等の改正により、大学に対して、「大学の教育研究活動等の適切かつ効果的な運営を図るため、その職員(事務職員のほか、教授等の教員や学 長等の大学執行部,技術職員等も含む。)に必要な知識及び技能を習得させ、並びにその能力及び資質を向上させるための研修の機会を設けることその他必要な 取組を行うこと」が求められています。

今回のQ-Labは、現場(大学等)での現状を知り、情報を共有し、現状との関係を読み解いて課題の難しさを認識した上で、これから何が起こり得るのか、では何をするのかといったアイディアを省みる場として、対話や省察を通してテーマについて探究します。

日 程:2016年9月23日(金)・24日(土)

会 場:九州大学箱崎キャンパス内
     (福岡市東区箱崎6-10-1)

テーマ:「SDをリデザインする!」

対 象:大学教職員等

内 容:

【Program 2】リアルと対する方々への現場訪問やチームメンバーとの学習機会に力点
2016年9月23日(金)
 09:00- 受付開始
 09:30- 主催者挨拶等
 10:00- チームメンバーを知る
 11:00- lightning talk 1・Resource Person 1
        Program 1の参加者(調整中)
      lightning talk 2・Resource Person 2
        東京工業大学 田中 岳 氏
 11:30- Learning Journey(現場訪問)について説明
 11:50- お昼休憩 ※お弁当を手配予定
 12:30- Learning Journey(現場訪問)開始
 17:30- チーム内で現場訪問を共有
 18:00- 全体で現場訪問を共有
 18:35- 終了
  ※ 終了後、会場を移動して懇親会(参加希望者のみ)

2016年9月24日(土)
 09:00- 受付開始
 09:30- チェックイン
 09:45- 進行説明
 10:00- Report (各チーム内で現場訪問を共有)
 10:20- 近い将来を考える
 12:30- お昼休憩 ※お弁当を手配予定
 13:30- 進行説明
 13:40- Prototyping (現状と要因,レバレッジ・ポイントを表現する)
 14:40- Presentation (全体でアイディアを共有する)
 15:10- Reflection
 15:30- Q&A等
 16:00- 終了

参加費:無料(お弁当の手配を必要とする方、懇親会に参加する方は別途徴収)

お申込み:9月16日(金)まで
参加申込みはこちらから
多くのメンバーシップのご参加をお待ちしています。

教育改善における問題について、Q-Linksメンバーシップの協働によって新たな手法やアイデアを創出・試行していく場である教職協働型研修プログラム「Q-Lab」。

今回は、「SDの義務化」をテーマに開催いたします。


今 般の大学設置基準等の改正により、大学に対して、「大学の教育研究活動等の適切かつ効果的な運営を図るため、その職員(事務職員のほか、教授等の教員や学 長等の大学執行部,技術職員等も含む。)に必要な知識及び技能を習得させ、並びにその能力及び資質を向上させるための研修の機会を設けることその他必要な 取組を行うこと」が求められています。

今回のQ-Labも、ゲストスピーカーからの理論や事例の話題提供や、参加者自身の知識や経験を持ち寄り、対話や省察を通してテーマについて探究します。

日 程:2016年8月22日(月)のみ

会 場:九州大学西新プラザ
     (福岡市早良区西新2-16-23)

テーマ:「SDの義務化」

対 象:大学教職員等

内 容:

【Program 1】リソースパーソンからの話題提供やチームメンバーとの学習機会に力点
2016年8月22日(月)
 09:00- 受付開始
 09:30- 主催者挨拶等
 10:00- チームメンバーを知る
 11:00- lightning talk 1・Resource Person 1
        広島大学 大場 淳 氏
      lightning talk 2・Resource Person 2
        東京工業大学 田中 岳 氏
 12:15- お昼休憩 ※お弁当を手配予定
 13:00- Resource Personを交え会場全体でのQ&A
 14:20- 休憩
 14:30- チームダイアログ 1
 16:45- 休憩
 17:00- チームダイアログ 2
 18:45- 終了
  ※ 終了後、会場を移動して懇親会(参加希望者のみ)

2016年8月23日(火) ※中止

参加費:無料(お弁当の手配を必要とする方、懇親会に参加する方は別途徴収)

お申込み:8月18日(木)まで
参加申込みはこちらから
多くのメンバーシップのご参加をお待ちしています。

Program 2(2016年9月23日(金)・24日(土))の申込み受付は、8月下旬から開始予定です。

教育改善における問題について、Q-Linksメンバーシップの協働によって新たな手法やアイデアを創出・試行していく場である教職協働型研修プログラム「Q-Lab」。

今回は、「SDの義務化」をテーマに開催いたします。


今 般の大学設置基準等の改正により、大学に対して、「大学の教育研究活動等の適切かつ効果的な運営を図るため、その職員(事務職員のほか、教授等の教員や学 長等の大学執行部,技術職員等も含む。)に必要な知識及び技能を習得させ、並びにその能力及び資質を向上させるための研修の機会を設けることその他必要な 取組を行うこと」が求められています。

今回のQ-Labも、ゲストスピーカーからの理論や事例の話題提供や、参加者自身の知識や経験を持ち寄り、対話や省察を通してテーマについて探究します。

日 程:2016年8月22日(月)・23日(火)

会 場:福岡市内(予定)

テーマ:「SDの義務化(仮)」

対 象:大学教職員等

内容:

【Program 1】リソースパーソンからの話題提供やチームメンバーとの学習機会に力点
2016年8月22日(月)
  09:00~ 受付開始
  09:30~ 開会挨拶・ガイダンス等
  11:00~ Lightning Talk
        ・大場 淳 氏(広島大学・高等教育研究開発センター 副センター長)
        ・調整中
  12:00~ [お昼休憩]
  13:00~ Session
  17:30 1日目終了 ※終了後・懇親会

2016年8月23日(火)
  09:30~ 受付開始
  10:00~ Session
  12:00~ [お昼休憩]
  13:00~ Session
  15:30 (終了予定)
※ 各日の日程については、一部調整中のため、若干の変更の可能性がございます。

参加費:無料

お申込み:2016年7月25日(月)~8月10日(水)
参加申込みはこちらから
多くのメンバーシップのご参加をお待ちしています。

Program 2(2016年9月23日(金)・24日(土))の申込み受付は、8月下旬から開始予定です。

教育改善における問題について、Q-Linksメンバーシップの協働によって新たな手法やアイデアを創出・試行していく場である教職協働型研修プログラム「Q-Lab」。

今回テーマは、「SDの義務化(仮)」。


今 般の大学設置基準等の改正により、大学に対して、「大学の教育研究活動等の適切かつ効果的な運営を図るため、その職員(事務職員のほか、教授等の教員や学 長等の大学執行部,技術職員等も含む。)に必要な知識及び技能を習得させ、並びにその能力及び資質を向上させるための研修の機会を設けることその他必要な 取組を行うこと」が求められています。

今回のQ-Labも、ゲストスピーカーからの理論や事例の話題提供や、参加者自身の知識や経験を持ち寄り、対話や省察を通してテーマについて探究します。

日 程:【Program 1】 2016年8月22日(月)・23日(火)
    【Program 2】 2016年9月23日(金)・24日(土)
      (注)Program 1又はProgram 2のみの参加も可能なプログラムとする予定です。

会 場:福岡市内(予定)

テーマ:「SDの義務化(仮)」

対 象:大学教職員等

内容:

【Program 1】 リソースパーソンからの話題提供やチームメンバーとの学習機会に力点

【Program 2】 Learning Journey(現場訪問)による現場訪問やチームメンバーとの学習機会に力点
       ※ Learning Journeyについては、前回のQ-Labの記事をご参照ください。

参加費:無料

お申込み:

7月上旬から申し込み受け付けを開始する予定です。
多くのメンバーシップのご参加をお待ちしています。

福岡教育大学において、「インクルーシブ教育システム」をテーマに、「2016年度福岡教育大学全学FD・SDセミナー」が開催されます。

日 時:2016年6月30日(木)14:30~16:10

会 場:福岡教育大学 大Ⅰ教室

テーマ:「インクルーシブ教育システム」

対 象:大学教職員等

内容:

14:00  受付開始
14:30  開会の挨拶 福岡教育大学長 櫻井 孝俊
     講演:「インクルーシブ教育システムの充実に向けて-授業のユニバーサルデザインと合理的配慮-」
     講師:大阪府・豊能町教育長 石塚 謙二 先生
15:50  質疑応答
16:10  閉会挨拶:福岡教育大学 理事・副学長(企画・教育研究・附属学校・教育組織・カリキュラム担当) 池田 修

参加費:無料

お申込み:

事前申し込みの必要あり。
参加を希望される場合は、6月24日(金)までに、下記のいずれかの参加申込書に必要事項をご記入の上、メールにてお申込みください。
 E-mail:somsemon(アット)fukuoka-edu.ac.jp

九州産業大学において、「ICT教育の魅力 ~ICT教育の実践事例から~」をテーマに、「第7回教育フォーラム in 九州産業大学」が開催されます。

日 時:2016年7月2日(土) 14時00分~17時00分

会 場:九州産業大学 1号館2階S201番教室

テーマ:「ICT教育の魅力 ~ICT教育の実践事例から~」

対 象:大学教職員、高等学校教職員、中学校教職員、一般の方など

内容:

14:00  学長挨拶:山本  盤男 九州産業大学長
14:05  講演(1):大津 晶 氏(小樽商科大学 准教授)
14:45  講演(2):大辻 雄介氏
           (隠岐國学習センター 副長兼ICT教育ディレクター)
15:35  実践事例発表
      (1)下川 俊彦氏(九州産業大学 総合情報基盤センター所長)
      (2)中島 武氏(学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校)(理事)
16:15  パネルディスカッション
     テーマ:「ICT教育の魅力~ICT教育の実践事例から~」
17:00  閉会挨拶:秋山 優 九州産業大学 教務部長

参加費:無料

お申込み:

事前申し込みの必要あり。
参加を希望される場合は、参加申込書[PDF]に必要事項をご記入の上、FAX又はメールにてお申込みください。
 FAX:092-673-5959
 E-mail:dai(アット)ip.kyusan-u.ac.jp

九州大学において、以下の内容で、「教育の質向上支援プログラム(Enhanced Education Program:EEP)の成果発表会が開催されます。

EEPは、九州大学の中期目標・中期計画に掲げる教育に関する目標・計画の達成に資する部局等の主体的な取組を支援することにより、教員及び組織の教育力の向上を図り、教育改革を推進することを目的として、平成21年度から実施されています。
今回は、平成27年度にEEPによる支援を終了した10の取組の成果発表を行い、教育の実施方法や課題等の意見交換を通じて、教育方法の改善に役立てることを目的として開催されるものです。

日 時:2016年6月29日(水)13:00~17:20(予定)

会 場:九州大学 箱崎キャンパス:旧工学部本館3階・第一会議室(PDF)
     ※MAP番号1番の建物

対 象:学内教職員、その他テーマ・内容に関心がある方の参加を歓迎

内容:

・開会・挨拶(13:00~13:10)

【EEP成果発表】
・セクション1(13:10~14:10)
 (1)言語文化研究院【領域横断型の英語読解聴解教材開発】
 (2)歯学部【タブレット端末によるセキュアな学習支援】
 (3)文学部【文系ディシプリン科目教科書・副教材の開発】

・セクション2(14:30~15:30)
 (4)農学部・生物資源環境科学府【授業評価Webシステムとその活用】
 (5)医学部保健学科【教育力セルフマネジメントプログラムの構築】
 (6)薬学府【グローバル創薬人育成のための教育環境構築】

・セクション3(15:50~17:10)
 (7)理学府【留学生との協働による教員の英語プログラム】
 (8)システム生命科学府【国際的学府教育プログラムの構築と実践】
 (9)工学部・工学府【英語による授業能力の向上と教育内容の充実】
 (10)芸術工学府・芸術工学部【国際交流型デザイン教育の試行と発信】

・閉会・挨拶(17:10~17:20)

お申込み:

事前申し込みの必要あり。
※件名に「第2回全学FD参加申込」として、九州大学学務部学務企画課(gapsanka(アット)jimu.kyushu-u.ac.jp)宛てに、氏名、所属(職種)、連絡先(メールアドレス)を、6月24日(金)までにお知らせください。

 

年1回のQ-Linksの最大イベント「Q-conference 2016」の会場校と開催日が決定しましたのでお知らせします。

会場校

中村学園大学(福岡市城南区別府5-7-1)

開催日

2016(平成28)年12月10日(土)

これから、開催に向けての準備がスタートします。全体テーマなど決定次第、本ホームページ又はブログでお知らせします。