九州地域大学教育改善FD・SDネットワーク
Kyushu Learning Improvement Network for Staff Members in Higher Education

Q-conference

2014-12-12 08:30 【Q-conference2014】開催報告(1)

Q-conference2014開催しました(1)

2014年12月5日(土)、熊本の崇城大学で「同じやるなら ~ Why not join us? ~」をテーマにQ-conference2014を開催しました。

Q-conferenceとして、初めて福岡地域以外での開催となりました。

Q-conference2014プログラム

11:00-12:00
ランチセッション
[ BLOG ]
[学生食堂慶賓館・3階]
12:30-12:45
オープニングセッション
挨拶:中山峰男 氏(崇城大学) [ BLOG ]
[本館・6階学術講演会場]
13:00-15:45
ポスターセッション
仲間の知恵や工夫を共有 [ BLOG ]
[本館・6階レセプションルーム]
13:10-14:32

ポスターセッションPRタイム [ BLOG ]

15:00-15:30
シエスタ(全体休憩)
[ BLOG ]
16:00-18:00
企画セッション
「学びの準備を整える」
話題提供者:石川仙太郎 氏(文部科学省)
坂井誠 氏(熊本県立済々黌高等学校)
福田聡 氏(関西大学)
藤本元啓 氏(金沢工業大学) 進行:藤波潔 氏(沖縄国際大学)
[ BLOG ]
[本館・6階学術講演会場]
18:00-18:30
クロージングセッション
挨拶:九州大学理事・副学長 丸野俊一氏 [ BLOG ]
[本館・6階学術講演会場]
18:45
情報交換会
[ BLOG ]
[学生食堂慶賓館・3階]

ランチセッション

11時のランチセッションからスタートした「Q-conference 2014 in SOJO」。

今回ランチセッションを担当してくれたのは、崇城大学学生の林さんと黒瀬さんのお二人。

機器のトラブルもあり、最初はちょっと緊張気味でしたが、徐々に緊張がほぐれてきたら絶妙なやり取りで集まった参加者を魅了。学生の視点から崇城大学の特色などをたっぷり話してくれました。

BLOG(崇城大学・林さんから寄稿) BLOG(崇城大学・黒瀬さんから寄稿)

オープニングセッション

大妻女子大学の西田氏の司会の下、オープニングセッションが行われ、会場校である崇城大学の中山峰男学長からご挨拶をいただきました。近年の崇城大学の取り組みを紹介しつつ、参加者やゲストに対する御礼と、Q-Linksメンバーシップの交流がさらに深まることへの期待が述べられました。その後、当日のプログラムの説明及び諸注意がありました。

ポスターセッション

ポスターセッションでは、14大学、2コンソーシアム、1学会から39のポスター発表が行われました。ポスター発表は、FD・SD、アクティブ・ラーニング、カリキュラム改革、学生支援、キャリア支援、大学・地域連携などなど幅広いテーマとなっており、自分たちの取組を説明する学生の姿も多く見られ、活発な意見・情報交換が行われていました。

発表者からは、「今までにない切り口から意見をいただけ、収穫が多かった」、「ブースに足を運んでいただく方々との一期一会の瞬間の中で、多様な視点がうまれるのがポスターセッションのいいところ」といった声が聞かれました。

BLOG(岡山大学・大地さんから寄稿) BLOG(沖縄国際大学・藤波先生から寄稿)

ポスターセッションPRタイム

ポスターセッションPRタイムは、「もっと沢山のポスターを見たい」という多くの方から寄せられたご要望に基づき、Q-conference2012からスタートした新たな企画です。

福岡教育大学の小菜さんの進行の下、ポスターセッション会場の入り口付近に設けられた「PRタイム発表ブース」において、事前に希望した21組の発表者から3分という短い時間の中でPRを行っていただきました。

学生からデモンストレーション形式の発表もあり、ブース周辺には多くの参加者が立ち止まり、耳を傾けていました。

BLOG(早稲田大学・山田さんから寄稿) BLOG(崇城大学・前田さんから寄稿)

シエスタ

崇城大学の長島さんに手配いただいた熊本の郷土菓子「いきなり団子」と温かいお茶で、ポスター発表の間にひと時の休息。岡山大学の若手職員の皆さんから、岡山名物「吉備団子」(種類も豊富)もふるまっていただきました。