九州地域大学教育改善FD・SDネットワーク
Kyushu Learning Improvement Network for Staff Members in Higher Education

Q-conference

2013-12-20 17:56 【Q-conference2013】開催報告①

Q-conference2013開催いたしました①

2013年11月2日(土)、九州大学にて「Trial & Error for NEXT!〜私たちは変われているのか?〜」をテーマにQ-conference2013を開催いたしました。

Q-conference2013プログラム

11:00-12:00
ランチセッション
PHOTO ][ BLOG ]
12:30-12:45
オープニングセッション
挨拶:若山正人氏(九州大学) [ PHOTO ][ BLOG ]
13:00-16:30
ポスターセッション
仲間の知恵や工夫を共有 [ PHOTO ][ BLOG ]
13:00-15:00

ポスターセッションPRタイム [ PHOTO ][ BLOG ]

15:00-15:30
シエスタ(全体休憩)
PHOTO ][ BLOG ]
16:30-18:00
企画セッション
「誰が大学教育を改善するのか」
 話題提供者:川島啓二氏(国立教育政策研究所)
進行:田中岳氏(九州大学/Q-Links事務局)
 小菜辰郎氏(福岡教育大学)
PHOTO ][ BLOG ]
18:00-18:30
クロージングセッション
挨拶:九州大学理事・副学長 丸野俊一氏 [ PHOTO ][ BLOG ]
18:45
情報交換会
PHOTO ][ BLOG ]

ランチセッション

今年度は初の伊都キャンパスでの開催となり、初めて伊都キャンパスに訪れた方のためにランチセッションでは伊都キャンパスの紹介がありました。「prezi」というプレゼンテーションソフトウェアを用いて、実際に伊都キャンパスを散策した気分になるような「伊都キャンパスウォーク」と題した紹介が行われました。プレゼンテーション終了後は、参加者同士の自己紹介タイムが設けられ、初対面とは思えないほど一気にお話に花が咲き、和やかな雰囲気のまま昼食タイムへ入りました。また、会場内では童夢カフェ出店ブースが設けられており、特製ランチボックスを食べながら楽しくランチセッションを終えることができました。
(九州大学学務企画課総務係 丹生)

オープニングセッション

西南女学院大学の小田氏の司会のもと、オープニングセッションが行われました。開会挨拶として、会場校である九州大学基幹教育院の若山正人院長代理からご挨拶をいただきました。ネットワーク発足から今日までの活動や、九州大学での教育に関する取り組みを紹介しつつ、参加者やゲストに対する御礼と、Q-Linksメンバーシップの交流がさらに深まることへの期待が述べられました。その後、当日のプログラムの説明および諸注意がありました。
(九州大学学務企画課企画調査係 井手添専門職員)

ポスターセッション

ポスターセッションでは、大学、コンソーシアム、賛同者から50のポスター発表がありました。教職員と一緒になって熱心に発表する学生の姿も多く見られ、会場の活気をより一層盛り上げてくれました。ポスターの発表は、FD・SD、学習支援、教育改善、学生のピアサポート活動などなど幅広いテーマで行われました。各機関がまさに今、向き合っている取り組みについての成果、悩み、数々の試行について情報共有し、「同じ立場で同じ悩みを持つ方と話すことができて、有意義でした。」等の感想をいただいています。
(九州大学学務企画課企画調査係 工藤主任)

ポスターセッションPRタイム

ポスターセッションPRタイムは、「もっと沢山のポスターを見たい」という多くの方から寄せられたご要望に基づき、Q-conference2012からスタートした新たな企画です。ポスターセッション会場内に設けられた「PRタイム発表ブース」において、事前に希望した30組の発表者から3分ずつPRを行っていただきました。
一人で聴衆に語りかけるオーソドックスな演説スタイルからBGMを活用し情報TV番組のアピールタイムのようにグループで語りかけるものなど、個性豊かな自由なスタイルでのPRとなりました。
(九州大学学務企画課総務係 志賀係長)

シエスタ

ポスターセッションPRタイムは、「もっと沢山のポスターを見たい」という多くの方から寄せられたご要望に基づき、Q-conference2012からスタートした新たな企画です。ポスターセッション会場内に設けられた「PRタイム発表ブース」において、事前に希望した30組の発表者から3分ずつPRを行っていただきました。
一人で聴衆に語りかけるオーソドックスな演説スタイルからBGMを活用し情報TV番組のアピールタイムのようにグループで語りかけるものなど、個性豊かな自由なスタイルでのPRとなりました。
(九州大学学務企画課総務係 志賀係長)