九州地域大学教育改善FD・SDネットワーク
Kyushu Learning Improvement Network for Staff Members in Higher Education

Q-place

2011-02-21 03:02 第5回 大学職員として学生と向き合う時?あなたならどうする??

2011年1月28日(金)沖縄国際大学を会場にして開催された職員研修の模様を紹介します。

場 所 沖縄国際大学本館6階会議室
対 象 Q-Linksメンバーシップを中心とした教務、学生支援系(生活支援、キャリア支援、入試等、学生対応に関わる部門)の職員等
経由 これまでQ-Linksでは、各機関の自立的な大学教育改善の支援を目指し、緩やかな人的ネットワークの構築に努めてきました。メンバーシップの拡大とともに、Q-Linksに、今後より一層の教育改善に関する相互交流を促進していくことへの期待が高まっています。
そこで今回、各地におけるQ-Linksメンバーシップの「学び合い」の広がりを支援する目的で、賛同校の沖縄国際大学からの要望を受け、以下の通り職員研修を開催しました。
内容 学生と関わる仕事では、正解のない問題に対して判断を迫られることが多々あります。
今回のQ-placeでは、重大な決断に迫られた2つの事例を用い、ダイアログ(対話)やロールプレイングを通じて、多様な価値観を理解したうえで、職場の仲間で判断していくことの大切さを学んでいきます。
学習目標 ・教務・学生支援系の職員として、日々、自分自身がどのような価値観を持って対応しているのかを振り返る機会をもつこと
・組織での横や縦のつながりを大切にし、より広い知識や経験を学んでいく意欲を高めていくこと

プログラム

12:20 開会挨拶
12:25 主旨説明、チーム分け・自己紹介
13:05 ウォーミングアップ(ダイアログの練習)
13:20 ケーススタディ①
14:20 休憩
14:30 ケーススタディ②
15:15 全体でのふりかえり
15:30 閉会

研修の様子

沖縄国際大学の普久原(ふくはら)総務課長の第一声でQ-placeが開会。会場校挨拶には山里教務事務部長が登壇してくださいました。

進行が交代してQ-Links事務局の小貫(おぬき)が自己紹介。話し始めて数分、参加者が緊張していることが伝わってきたため、順番を急きょ変えて、先にチーム分けを行いました。
チームメンバーの自己紹介の時間。テーマは「私のイチオシうちなー(沖縄)料理」です。段々とほぐれて笑顔が出てきました。

今回のQ-placeの目的や内容、ルールを確認し、早速ダイアログ(対話)の練習に入りました。ほとんどの参加者がこのようなイベントの参加するのは初めてでしたが、なかなか上手にダイアログができていました。「人の良さを引き出すダイアログ」「聴き上手になること」などについて簡単に確認した後、いよいよ具体的な中身に入っていきます。

最初の学生対応のケースは、答えを出すのが難しいテーマを選んで作りました。ケースを読んだ後の参加者は、一様に眉を寄せ、「ふぅ〜」と溜息をついていました。
ロールプレイングやダイアログを通じて、仲間と意見を深めながら、少しずつ自分の考えをはっきりとさせていきます。全体的に良い雰囲気で、活発に意見を交わす様子が印象的でした。

2つめのケースは、比較的皆の意見がまとまりやすい学生対応のケースです。このケースでは、チームとしての答えに行き着くまでのプロセスにおいて、異なる意見同士の調整や、仲間と目的を共有し合うことを段階的に提示していきました。
 
最後に全体の2つのケースのその後を先輩教職員が語り、感想を言い合ってプログラムは終了。チームメンバーに対して、「ありがとうございました」と笑顔で挨拶し合う姿から、今後の一人一人の活躍に対する期待が高まってきました。

参加者の感想

■県内の他大学の方と交流するのははじめてで、もっとこのような交流の場があればいいなと思いました。いろんな意見が聞けて勉強になりました。(私大/女性)
 
■人の話を最後までしっかり聞くのは意外と難しい事なんだと感じた。勉強になりました。(国大/男性)
 
■今日グループになった方々、派遣先で対話した方々とお別れするのが淋しいです。すごくいい3時間でした。(私大/女性)
 
■とても楽しかったです!勤務先は母校でもあるため、後輩をしっかり支援していくためにも、有意義な一日でした!(公大/男性)

御礼

改めて、Q-placeに貢献しようと奮闘してくださった参加者の皆さんに感謝申し上げます。また、今回のQ-placeに向けて、企画案の作成に始まり、当日の会場準備や受付・写真撮影などの運営全般において、約1か月半にわたり一緒に活動してきた沖縄国際大学のスタッフの皆さんにも、心から御礼を申し上げます。

>ブログ記事01

>ブログ記事02